不倫の恋愛相談をされた場合の対応方法

もし、あなたが友達や同僚から不倫の恋愛相談をされたらどうしますか?

一般的な恋愛相談であれば、適切なアドバイスをすることも出来るかもしれませんが、不倫となると戸惑ってしまう方もいるかもしれません。

そこで、不倫の恋愛相談をされた場合の対応方法について考えてみることにしましょう。

■不倫の恋愛相談にのる条件

不倫も恋愛のひとつの形なので、個人の自由だと思える方は、不倫の恋愛相談を聞いてあげると良いかもしれません。

相談者は、おそらく悩みを聞いてくれる人が身近にいることで、これまで悩みを打ち明けることが出来なかったストレスから幾分解消されることでしょう。

ただ、不倫の恋愛相談にのる場合は、決して誰にも口外しないことが前提ルールとしてあります。

その点についてあまり自信がない方は、つい口を滑らせてしまって、後々トラブルのもとになってしまう可能性もありますので、最初から不倫の恋愛相談にはのらない方が賢明かもしれません。

また、あまり感情移入をしてしまう方は、相談者の立場に立ってしまったり、相手の立場や配偶者の立場に立ってしまったりしかねませんので、相談にのるのは止めておいた方が良いかもしれません。

■不倫の恋愛相談にのれない場合

それでは、不倫の恋愛相談にのれない場合はどうすれば良いでしょうか?

その場合は、不倫の恋愛相談にはのれないことを相談者にハッキリと伝えましょう。

それでも、話だけでも聞いて欲しいと言われてしまったなら、自分には荷が重すぎる相談なので、話を聞くことも遠慮したいことを伝えましょう。

そして、プロのカウンセラーが電話やメールで相談にのってくれるところがあるらしいので、そちらに相談してみることをすすめてみましょう。

誰にも相談出来ずに困っていて気の毒だといった同情心から話だけでも聞いてあげたいと思うかもしれません。

けれども、話だけでも聞いてしまったら、あなたは相談者と不倫という秘密を共有することになることを理解した上で判断することをおすすめします。

不倫の恋愛相談をされた場合の対応方法についてお伝えして来ましたが、不倫の恋愛相談への対応は慎重にした方が良いことがお分かり頂けたのではないかと思います。

相談にのった場合でも、必要に応じてカウンセラーによる電話相談を紹介することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です