不倫で慰謝料を上手くもらうには、弁護士に電話で相談が一番!

パートナーから不倫をしていた事実を告げられた時、怒り、失望、悲しみ等の様々な感情が渦巻きますよね。

「パートナーや不倫相手に対して慰謝料を請求したい!」とも考えることでしょう。

そんな時は、弁護士に電話で相談することが一番です。

■自分でパートナーや不倫の相手とやりとりしない

慰謝料を請求する場合、パートナーや不倫相手と直接やりとりをしてしまうと、不倫をされてしまった側の自分が不利になってしまうことがあります。

慰謝料の金額は、不倫相手との交際期間や不貞行為の回数、不倫相手の収入等が関係してきます。

パートナーが不倫を告白してきたのであれば、パートナーも不倫相手も慰謝料を請求されることを覚悟している場合が多いはずです。

つまり、相手ペアも弁護士等の専門家に相談または、依頼済みである可能性があります。

それなのに法律の素人である自分が知らずに行動をしてしまうと、本来もらえるはずの慰謝料より少なくなってしまうこともあるのです。

■不倫相手にしてはいけないこと

パートナーや不倫相手にしてはいけないことはいくつかあります。

特に不倫相手に対してはいけないことには次のようなことがあります。

・不倫相手へ直接怒鳴り込む

・職場不倫の相手へ退職強要

・不倫相手の両親に対して慰謝料請求

これらをすると自分が不利になるだけではなく、脅迫や恐喝で逆に訴えられてしまったり、こちらがもらう慰謝料以上の損害賠償を求められてしまったりする場合もあるので、注意が必要です。

■弁護士に電話で相談する

ただでさえ裏切られたパートナーと顔を合わせたくないのに、不倫相手と顔を合わせるなんてしたくありませんよね。

そんな時、弁護士に依頼してあれば代わりに話をしてくれます。

いきなり面と向かって相談することは、かなり勇気が必要になりますので、電話での相談をお勧めします。

顔を合わせることなく相談ができ、法律の専門家からアドバイスを得ることができます。

不倫の解決は素人では限界があるので、専門家の弁護士に電話で相談しましょう。

相談の場合、初回は無料であったり、着手金が不要であったりと、相談の段階では費用がかからない場合もあります。

法律の専門家からアドバイスをもらい、少しでも希望通りの解決ができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です