別れさせ屋が扱う案件はどんなものがあるの?対応できない案件はある?

別れさせ屋は男女の別れを請け負う業者のことで、さまざまな別れのきっかけを作り確実に別れさせる工作を行っています。別れさせ工作をするといっても、すべての依頼に対応するわけではありません。

取り扱う案件と対応できない案件にはどのようなものがあるでしょうか。

■別れさせ屋が扱う案件はさまざまな種類がある

別れさせ屋が扱う案件には、不倫問題、浮気問題、恋人同士の問題、離婚関係の問題、家族の交際相手の問題などがあります。

不倫問題や浮気問題が最も多い案件ですが、その内容もさまざまなものがあります。夫や妻の不倫や浮気はもちろんのこと、不倫相手や浮気相手から離婚させたいという依頼まであります。

恋人同士の問題では元カレや元カノからのストーカー行為から離れたい、別れたいのに別れてくれないなど、慎重に扱うべき案件も多数あります。また、家族の問題では親御さんから息子や娘の交際相手、夫や妻を別れさせたいといった依頼もたくさんあるのです。

■別れさせ屋が取り扱いできない案件について

別れさせ屋はさまざまな案件を請け負うことができますが、どうしても受けられない案件があります。それは、ストーカーに当たる人物からの依頼は、請け負うことができません。

誰がストーカーなのかは詳しくヒアリングした上で判断しますが、ストーカー行為をしている本人だと断定した場合は、断ることもあるのです。同じように違法となるような行為の場合も、応えられないことがあります。

■別れさせ工作は自然な出会いで完全に別れさせるのが基本

別れさせ屋の工作は、自然な出会いと安全な交際の末、完全に別れさせるというのがベーシックな流れです。この工作には脚本やシナリオ、演出に関するプロが携わることもあり、工作員もすべてプロ、数百名もの工作員を抱える別れさせ屋も存在しています。

ひと言で別れさせ工作といっても、実は緻密で繊細な心理作戦が、多数のプロによって構築されているのです。

工作員はすべて多種多様な訓練や研修を受けているため、誰が工作員なのかもわからないほど自然な演技をします。これほど徹底した別れさせ工作なら、きっとあなたの悩みも解決できるでしょう。

離婚させたい娘夫婦は別れさせ屋に依頼しよう

自分の娘の結婚相手が気に入らない、仕事もしないでまるでヒモ、という場合、離婚させたい気持ちになるのは自然の流れです。ですが、出過ぎた行動になってもいけないので、別れさせ屋に依頼するのが良いでしょう。

■親の出過ぎたマネは嫌われる原因!不満はほどほどに伝えるようにしよう

娘に限らず、息子だったとしても、そのパートナーが気に入らない場合、離婚させたいと思う親も少なくありません。特に仕事をしない、金使いが荒い、常識がないとなれば、どこが良くて結婚したのか疑問すら浮かびます。ですが、離婚しなさい、別れなさいと娘や息子に伝えても、いい気がしないのが一般的です。

どんなに親として不満があっても、本人の人生です。離婚しなさいと言い続ければいずれ嫌われてしまうかもしれません。言いたい気持ちの半分程度で抑えるのが良いでしょう。

■どうしても離婚させたいなら別れさせ屋に相談・依頼しよう

別れさせ屋は恋愛工作のプロで、恋人同士はもちろん夫婦までさまざまな別れのきっかけを作ってくれます。時には浮気や不倫の仲も別れさせることもあり、自然な流れの中で確実に別れへと導いてもらえるプロ集団です。

離婚させたい娘や息子夫婦のことは、別れさせ屋に相談し、依頼を受けてもらえるようなら正式に依頼するのがおすすめです。

別れさせ屋では、詳しく事情や状況をヒアリングした後に工作を仕掛けます。例えば娘とその夫を離婚させたい場合は、夫の好みの異性工作員を近づけて不貞行為の証拠を作ります。その証拠をもとに離婚を進められば、親は手出しすることなく離婚させることができます。

■別れさせ屋選びは実績ある業者を選ぶのがおすすめ

いざ離婚させたい夫婦のために別れさせ屋を選ぶときは、ネット上の口コミだけで決めるのではなく、どれほどの実績があるかもチェックしてください。

別れさせ屋の中には創業から数十年も続くところがあるので、そういった実績があるところが理想的です。あまり実績がない別れさせ屋の場合、悪意ある業者の可能性もあるため、必ず実績や実態があるかどうかを確認するようにしましょう。

不倫トラブルで相談する時は、どこへ電話すればいい?

不倫は何かとトラブルがつきものです。特に家族にばれてしまったり、会社にばれてしまうと、人生で最大級の危機が訪れます。不倫に関することは、誰にも相談しにくいものです。もしトラブルが起きて相談する時は、どこに電話すればよいのでしょうか。

<電話相談窓口へ>

電話で、恋愛系の相談を受けるサービスを提供している会社があります。心理カウンセラーや恋愛カウンセラーが相談相手となり、相談者は好きなカウンセラーを選択し、電話をかけます。1分あたり100円〜200円ほどで、相談を受けてくれ、どうすればよいのかアドバイスを送ってくれます。

恋愛系の相談窓口であっても、不倫トラブルも対応しています。むしろ、不倫や浮気関連の相談が最も多いようです。とはいえ、あくまで自分たちの関係を今後どうしていきたいかという相談に限ります。慰謝料や親権問題などが絡むような内容は、あまり適していません。

<弁護士へ相談>

やはりトラブルが起きた時は、弁護士への相談に限ります。弁護士が介入することにより、法律の観点で現状を分析してくれるので、今後どうしていけばよいのか分かります。不倫された側であれば、慰謝料を請求するためにはどうすればよいのか、不倫した側はどうすればトラブルが解決できるか、など、する側された側どちらも対応してくれるでしょう。

<ネットの匿名掲示板など>

インターネット上の匿名掲示板や、知恵袋などに相談すれば、誰かが何かしら回答をしてくれます。回答も早く、対面とは違い遠慮せず言いたいことをいってくるので、現実的な解決方法を教えてくれるかも知れません。ただ、匿名なので、基本的には無責任ですし、適当な回答も多いです。だから、本当にタメになる回答を貰えるかどうかは定かではありません。

中には、意地悪な嘘を言う人もいます。嘘を見抜ける人でないと、利用するのは難しいでしょう。匿名ではなく、弁護士が回答してくれたり、実名で回答してくれる人もいます。回答者がどんな人かによって、回答の信憑性の高さが変わってくるでしょう。

不倫トラブルが起きた時は、一人で抱え込まずにまずはどこかへ相談しましょう。ただし、身近な人は余計に話がこじれる可能性もあるので、完全な第三者がお薦めです。

若い人に向けた恋愛の電話相談サービスとは

若い人に向けた恋愛の電話相談サービスがあるのをご存知でしょうか。若い人ほど恋愛に悩みがちですが、相談するとすると、同級生の友達であったり、家族の人になることが多いです。しかし、会社として電話相談を若者に対して行う理由とは何なのでしょうか。

<恋愛に消極的な若者>

近年は、若者が消極的であったり、草食系という言葉もあるように、恋愛に対して前向きではない人が大勢いらっしゃいます。とある企業が行ったアンケートでは、20代の人は恋愛に対して、面倒だと感じている人が24.5%もいました。4人に1人が恋愛を面倒くさいと思っているというのです。

この世代は、ゆとり世代と呼ぶ人もいますが、「さとり世代」とも呼ばれています。若くしてすでに何かを悟ったように、恋愛ではなく、もっと別のことを楽しんで人生を満喫しようとしているようです。

しかし、別のアンケートでは20代前半〜30代前半の人に、どんなことで悩んでいるか調査しところ、66%が恋愛のことでした。この二つの調査結果は非常に興味深いです。若者は、恋愛を面倒だと感じていながら、脳内の悩みごとは恋愛のことが占めているということです。

<恋愛に前向きになれるように>

そんなアンケートの結果を受け、若者向けの恋愛の電話相談サービスを立ち上げた企業もあります。恋愛に消極的なのは、どうしていいか分からない、傷つくのが怖い、など後ろ向きになってしまうからです。そんな若者に対して、電話で相談を受けアドバイスを送ることで、前向きな気持ちになれるようにサポートします。

若い人が恋愛をしなければ、少子化を解決することはできず、今後日本全体の人口も減り続けてしまいます。政府も国難と位置付ける少子化問題の解決のためにも、恋愛の相談を受けるサービスは必要です。

相談に乗ってくれる人も、心理学の知識があったり、恋愛経験が豊富なカウンセラーの人たちです。自分の周囲に相談できない人でも、安心して相談することができるでしょう。

若者は、恋愛を面倒だと思いながらも、少なからず恋愛に対しての悩みを抱えています。そんな若い人を恋愛面でサポートできる電話相談窓口は、これからも必要とされていくでしょう。

恋愛相談で見えてくる不倫の悩みとは

恋愛相談を行っている会社には、不倫に関する悩みで電話をかけてくる相談者がたくさんいます。相談者は不倫に関して共通した悩みを持っていると言われています。不倫をしている人の悩みを三つを紹介いたします。

<誰にも相談できないこと>

不倫をしている人の誰しもが抱える悩みは、誰にも相談できないことです。不倫は世間的に見て良くないことと認識されています。芸能人が不倫をしたら、日本中から叩かれるのを見ているので、身近な人に相談することもできません。

ましてやそれが会社内での不倫であれば、仕事にも影響しますし、会社に居られなくなるリスクもあります。誰にもいえず、ひっそりと不倫関係を続けることで、それ自体がストレスとなったり、不安になり、苦しんでいる人も多いようです。

<不倫がやめられない>

不倫はよくないと分かっているのに、やめられないことに悩んでいる人も多いです。頭では、このままではいけない、早く関係を終わらせないと、と思っているのに気付いたら相手と会ってしまいます。不倫関係をダラダラと続けてしまう自分に対して自己嫌悪を抱いてしまうことも珍しくありません。

中には、不倫という関係にスリルを感じて、普通の恋愛では物足りなくなってしまう人もいます。一種の麻薬のようなものであり、もはや普通の恋愛に戻れなくなってしまいます。

<未来が見えてこない>

普通の交際とは違い、不倫には未来が見えてきません。相手には夫・妻がいるので、最終的には家庭に戻られたら自分との関係は終わってしまいます。相手が離婚してくれない限り、自分自身は結婚することができないですし、離婚するかどうかは相手次第です。

相手から、いつか別れるから一緒になろうと言われ、何年も待ち続けて不倫関係を続けている人も珍しくありません。普通の恋愛よりも、将来に不安を抱えやすくなり、その不安もいつ終わるのか分からないのが、不倫の悩みと言えるでしょう。

恋愛相談窓口に相談に来る人の中に、不倫関連の悩みが多いのは、普通の恋愛とは違い、誰でも相談できないからです。不倫している人は、常に不安や悩みを抱えており、その相談先として恋愛相談窓口が助け舟になっているのでしょう。

恋愛相談を電話でするメリットとデメリット

恋愛相談をする時に、電話で相談するという人もいます。直接会って対面で相談するよりも、メリットがあるようです。ただ、電話で相談したくないという人は、逆にデメリットがあると感じているからです。恋愛相談を電話でする際のメリット、デメリットは何でしょうか。

<電話で相談するメリットは?>

電話で恋愛相談する際のメリットは、常に落ち着いた場所で話すことができるということです。

電話を掛ける時は、自宅であったり、自分の好きな場所であったり、自分自身が好きな空間でかけます。周囲の目や雰囲気を気にする必要もないですし、落ち着いた話すことができます。

レストランやカフェなどは、どうしても周囲が気になりますし、店員がオーダーを取りに来る時など話が遮られてしまう可能性もあります。

また長時間居座ることもできないので、話が盛り上がっても、時間がくればお店を変えたりしないといけません。電話での相談であれば、相手さえ許せば時間を気にする必要もないのが良い点です。

そして電話だと、何でも気兼ねなく話せるということもメリットです。性の話になると、なかなか外でするわけにはいきません。電話であれば、周りの目を気にする必要がないため、包み隠せず何でも話すことができます。

<逆にデメリットは何?>

逆にデメリットといえるのは、相手の顔が見えないことです。対面相談だと、相手の表情が見えるので、本当は何を考えているのか、その場の空気感などで相手の言いたいことを察することができます。

電話ではそれを感じることが難しいので、相談している内容に対して相手がどう思っているのか分からずに不安になることもあります。

そして、電話だと相手の都合が分からないという点もデメリットです。

長時間の話になると、相手はもしかしたらもう電話を切りたいと思っているかもしれない、相手の時間を奪っているかもしれないと申し訳ない気持ちになる人もいます。対面に比べると、電話はより相手に気を使う必要があるので、その点はデメリットといえるでしょう。

恋愛相談する時に、電話を利用する人もいると思います。それは、対面で相談するよりも相談しやすいとメリットを感じているのもあるでしょう。

電話相談に寄せられる恋愛の悩みで多いもの3選

電話相談の最大のメリットは、時間を気にせずどこからでも相談ができることです。また、対応するのはプロのカウンセラーなので、悩みに応じた的確なアドバイスを貰うことができます。

そして悩みの種類も年代によって変わってきます。今回は電話相談に寄せられる恋愛の悩みで多いものをご紹介したいと思います。

1.10代の恋愛相談で多いもの

10代の多く寄せられた悩みは片思いです。この年代は学生であることがほとんどですので、相談内容も

・目がよく合うが相手に気があるのか
・卒業式までに相手に告白したいが勇気が出ない

など、学生時代に誰もが経験したような悩みです。

2.20代の恋愛相談で多いもの

20代の多く寄せられた悩みも片思いで、その次に交際相手についてなどの悩みが多く、

・交際相手とのすれ違いをどうにかしたい
・バイト先に好きな人がいる
・性の悩み

など、10代の悩みからもう一歩進んだ内容になっています。

3.30代の恋愛相談で多いもの

30代の多く寄せられた悩みは片思いですが、この年代になると結婚やプロポーズなどの将来に関わってくるような悩みも多くなります。

・付き合っている彼氏がなかなかプロポーズをしてくれない
・好きな人と付き合えないので諦めかけている

など、女性は将来に関わってくるので、結婚に関する悩みが多く寄せられます。

4.40代の恋愛相談で多いもの

40代の多く寄せられた悩みは不倫・浮気です。

・既婚者を好きになってしまった
・結婚しているのに別の人と身体の関係をもってしまった

など、不倫や浮気の悩みが多く寄せられます。

中にはお互いが既婚者のダブル不倫の悩みもあり、40代以降は不倫や浮気、身体の関係の悩みが多いことから、現在のパートナーとあまり関係が上手くいっていないことも伺えます。

10代から30代の悩みで一番多かったのは片思いの悩みです。

40代になると不倫などの悩みが多くなることから、夫婦関係が上手くいっていないような背景なども悩み相談からも判断できます。

電話相談では相談はカウンセラー以外の人に漏れることはありませんので、人に相談し辛い悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

恋愛について電話相談をする時のおすすめの心理カウンセラー選びのポイント

恋愛について相談したい時、友人や家族に相談する他にも、電話での相談があります。友人などに相談する場合と違うのは、プロの心理カウンセラーが在籍しているので、的確なアドバイスが貰えます。カウンセリングというと病院での医師と患者のカウンセリングをイメージすると思いますが、実はカウンセリングは分野を問わず電話でも行われています。

今回は恋愛について電話相談をする時のお勧めの心理カウンセラーの特徴についてご紹介します。

1.心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは、国家資格ではないので資格が無くても誰でも心理カウンセラーを名乗ることができましたが、平成29年に公認心理師法が施行され、現在では国家資格の公認心理師という資格があるため、資格を持っている人が公認心理師を名乗ることができます。

しかし、施行されてからまだ日が浅く資格取得者も数が少ない状況なので、全ての電話相談の心理カウンセラーが資格取得をしているわけではありません。
資格取得をしていない人もカウンセリングを行っておりますが、今までの経験を活かしてカウンセリングを行っているため、的はずれなアドバイスを貰うことは少ないでしょう。

2.恋愛について相談する時の電話相談のメリット

恋愛について電話で相談する際の一番のメリットは、時間を気にせずいつもと同じ環境でカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングといえば個室で心理カウンセラーと対面で話すものですが、電話でのカウンセリングだと気負いすることなく気軽に相談することができます。恋愛の悩みは人に聞かれたくない繊細な悩みが多く、心理カウンセラーを目の前にすると緊張して悩みをすべて話すことができない事もあります。

いつもと同じ環境で、時間を気にすることなく相談することが電話相談をすることもメリットになります。

心理カウンセラーに悩みを相談する上で、国家資格である公認心理師に相談にのってもらうのが良いですが、今までの経験からすると、資格がない心理カウンセラーの方が知識が豊富なので、的確なアドバイスを貰えることもあります。

一概に有資格者・無資格者で分けるのではなく、本当に知識があるかどうか、相談者に親身に相談にのってもらえるかが心理カウンセラー選びのポイントになります。

友人に恋愛相談をされた時のアドバイスの仕方とは?

仲の良い友人にはあなたの恋愛の悩みを相談することがあるかと思いますが、その逆で友人からも相談をされることがあると思います。

しかしどのようにアドバイスをすればいいのかわからない…という方は意外と多いと思います。

今回は友人に恋愛相談をされた時のアドバイスのポイントをお伝え致します。

1.同じことを繰り返し言わない

よくありがちなのが、同じ話やアドバイスを何回もしてしまうことです。さっきの悩みについてはこうアドバイスされたけれど、今回の悩みもさっきと変わらないアドバイス…となってしまうと、

「さっきも同じアドバイスなので、聞いてくれているのかわからない」

というような話を聞いてくれていないというイメージを持たれてしまいます。

話はしっかりと聞いて、同じ話は繰り返さないようにしましょう。

2.今すぐ100%解決しようとしない

恋愛は100%解決できることが本当に少ないです。どこか妥協したり、時間の経過が必要だったりと今すぐ解決しよう!と思ってもできないことがたくさんあります。

中にはアドバイスのしにくい内容や、今すぐに解決できないようなことを相談されるかもしれませんが、その場合は、絶対に今すぐ解決しようとはせずに、即効性はないが時間をかけることで解決できるようなアドバイスを行うようにしましょう。

3.自分の話に転嫁しない

友人が相談し終わってアドバイスを求めているのに、友人の相談内容を利用して、自分の体験談やエピソードを話してしまう人も少なくありません。友人は今あなたご自身の話ではなく、相談に対するアドバイスを聞きたがっているので、自分の話に転嫁して話し込んでしまうのは避けましょう。

友人に恋愛相談をされてもアドバイスの仕方がわからない人は、上記を参考にしてみてください。

女性は相談をしても、解決策を求めているのではなくただ話を聞いてほしいということもありますので、必ず解決しなければいけないということもありません。

相談内容をよく聞いて、的確なアドバイスが行えるようになると友人もさらにあなたに信頼を寄せてくれるので、しっかりとアドバイスをしていきましょう。

電話で不倫の悩み相談をするメリットとは?

友人や知人、家族に相談することができない不倫の悩み相談。世間のイメージでは不倫はしてはいけないものというイメージがあり、周りの人に相談できずに1人で抱え込んでしまう人が多くいます。

不倫は誰かが傷付くことが多くおすすめできるのものではないですが、好きになってしまった気持ちは止めることはできません。そのような不倫の悩み相談は電話で行ってみませんか?

今回は電話での不倫の悩み相談のメリットについてご紹介してきます。

1.人に言えない悩みを話すことができる

不倫というデリケートな悩みは、周りの人にはなかなか相談することができないと思います。

しかし電話での相談だとプロのカウンセラーが対応してくれるので、遠慮することなく悩みの全てを話すことができます。

また、カウンセラーによる的確なアドバイスももらうことができます。カウンセラーは多種多様な悩みを相談され、不倫の悩みも多く対応しています。

豊富な知識から、一般の人にはできないアドバイスを貰えるので、電話で不倫の悩み相談をする人も増えています。

2.時間を気にせずに相談できる

電話相談は24時間対応しているところがほとんどですので、時間を気にせずにいつでも電話をすることができます。

一般的な恋愛の悩みなどは友人や知人にすることが多いと思いますが、時間を気にせずに相談をするというのはできないかと思います。

時間を気にせずにいつでも相談できることではとても大きなメリットの1つではないでしょうか。

3.誰かにバラされることがない

電話相談は相談内容等すべて厳重に管理され、外部に漏れ出ることはほとんどありません。そして匿名での相談もできるので本名なども必要ないことが多いです。

なかなか周りの人に相談できない不倫の悩みは、電話でプロのカウンセラーに相談することが一番良いのではないでしょうか。

人には言いづらい悩みを言ったり時間を気にせずに電話をしたり、相談内容も漏れることがない電話での悩み相談。

不倫の悩みを1人で抱え込まずに、電話での相談も考えてみてはいかがでしょうか。