別れさせ屋への依頼を成功させたい!依頼人が気をつけたいこと

人間関係の清算を得意とする別れさせ屋ですが、依頼の際には依頼人が注意したいポイントがあります。別れさせ工作を成功させ、満足できる結果を得るために、気をつけるべきポイントをおさえておきましょう。

■別れさせ屋の工作をスムーズに進めるためには協力が必要

別れさせ屋に依頼するとき、「自分からの依頼だとは絶対に知られたくない」という事情があるのではないでしょうか。別れさせ屋がターゲットに「これは○○さんからの依頼で…」と言うことは絶対にありませんので、別れさせ屋から秘密が漏れることはありません。

ただ、もしかするとあなた自身の言動からターゲットが感づいてしまう可能性があります。あなたを疑い、「もしかしたら最近知り合ったあの人が別れさせ屋の工作員では?」と考え始めてしまっては大変です。用心深くなり、別れさせ屋のスタッフが接触しにくくなったり、情報を集めにくくなったりしてしまいかねません。

そんな状況にならないよう、依頼人自身が言動に注意する必要はあるでしょう。といっても無理な演技をするのではなく、いままで通りの態度でいれば大丈夫です。

■進捗が気になってもイライラしないで

とはいえ、時間が経っても結果が出なければイライラしてしまいますよね。「こうなったら自分で!」と思うかもしれませんが、それは少し待ってください。

別れさせ工作は時間がかかるものです。人の気持ちを変えるのですから、一朝一夕で結果が出るものではありません。気になったときには依頼した別れさせ屋に連絡を取り、進捗を説明してもらうと安心できるのではないでしょうか。そのような細かいサービスに対応してくれる別れさせ屋を選ぶこともおすすめです。

■依頼したら気長に待つことも大切

別れさせ工作がなかなか終わらないと、どうしても焦ってしまいがちです。そこはぐっと押さえ、いつも通りの態度を貫きましょう。相手が別れさせ工作に気づかず、希望通りの結果を得るためには、あなた自身のちょっとした協力も必要です。

あの二人を離婚させたい!別れさせ屋への依頼でスムーズに実現

他人の離婚を願ったことはありませんか。例えば「不倫相手と添い遂げたい」「DVで苦しむ嫁いだ娘を救いたい」など、そんな事情があれば願うのも当然です。別れさせ屋のサポートでスムーズな離婚を目指しましょう。

■離婚させたい理由によって依頼の可否が変わる?

別れさせ屋に「あの人たちを離婚させて」と依頼する際には、その理由が法に触れないかどうかを考えましょう。別れさせ屋というとどこかイリーガルなイメージがありますが、実際は公安委員会に届け出を出して経営している、いわば法令順守の健全な業者なのです。

健全な経営をしている別れさせ屋は、法に触れたり、公序良俗に反したりする依頼を受けることはありません。まずは別れさせ屋に依頼内容を相談し、依頼理由に問題があるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

問題ないと判断されれば依頼をし、離婚工作を進められます。工作期間は難易度によって変わることが多いため、多少時間がかかっても焦らないでくださいね。

■実際にどんな工作をするのか

離婚させたいといっても、相手が浮気するように仕向けるわけではありません。あくまで「離婚したい」と思わせることが別れさせ屋の工作です。ターゲットにさりげなく近づき、親しくなって深い話をする関係になります。友人や知人のような立場のため、相手をだまして浮気相手になるわけではありません。相談を受けてアドバイスをし、相手が「離婚しよう」と思うように気持ちを誘導します。

別れさせ屋は秘密厳守のプロフェッショナルです。「あなたを離婚させたいという依頼があって…」と知られることは絶対にありません。依頼人に知られたくないから依頼できない…と心配な人でも安心です。

■離婚させたい夫婦がいるなら別れさせ屋に相談を

別れさせ屋は法に触れることはせず、依頼人の秘密を明かすこともありません。ターゲットの気持ちを正当な方法で離婚の方向へ誘導します。プロならではの技術でトラブルなく離婚を進めたいのなら、一度別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。

不倫が発覚したとき電話相談で解決しよう

パートナーの裏切りを発見したときは大変大きなショックを受け、通常では考えられない行動をしてしまうこともあります。しかし、パートナーの不倫が発覚したときほど冷静な対応が必要です。

■パートナーの不倫を感じたときほど冷静になろう

最愛の相手であるパートナーが普段とは違う行動をしていると、誰もが浮気を疑うものです。
しかし、自分の今後の人生を考えたとき、怒りに任せて相手を責め立てるのではなく、本当に不倫をしているかどうかを確かめなくてはなりません。
既にパートナーが不倫をしていた場合、直接問いただしてみても素直に答える相手はまずいません。
また、不倫を疑われていることをしることで、これまでよりバレないように気を付けるようになります。
携帯にロックをかける、メールや着信履歴を削除するなど証拠を隠滅するようになる可能性は高いでしょう。
パートナーが不倫していたら確実に離婚すると決めていても、その後の自分や子どもの生活を考えると、養育費や慰謝料などをしっかりもらわなくてはなりません。
また、離婚を考えていないとしても、パートナーが不倫している事実をあやふやにしないためにも、確実な証拠集めが必要です。

■誰に相談すべき?

パートナーの不倫を確信して離婚すると決めたとしても、気持ちが揺らぐ人も少なくありません。
また、不倫の証拠集めをしようとしても、どのように行動すればよいか分からないものです。
まずは不倫相手と別れさせるのか離婚するのかを決めたうえで、人生経験が豊富な先輩に相談することをおすすめします。
できれば離婚経験や浮気されたことがある同性や異性に相談してみると、今後どのように行動すればよいかが見えてきます。

■不倫の悩みは電話で解決できることも

パートナーの不倫を誰にも相談できない場合は、弁護士や不倫相談の電話サービスに相談してみるのもおすすめです。
自分では考えつかないような問題解消方法をアドバイスしてくれるので、試してみる価値はあるかもしれません。

離婚のきっかけとなる不倫問題

パートナーの不倫や自分自身の不倫などで、離婚へと進んでしまう夫婦は少なくありません。本人はちょっとしたお遊びのつもりだったとしても、不倫がバレてしまうと、想像していた以上に大きな問題になることもあります。

■幸せな生活が家庭崩壊へ

結婚して子どもが生まれ平凡な暮らしで幸せだと感じていても、ある日突然恋愛の誘惑が訪れることもあります。
しかし、浮気や不倫など自分には無関係と思っている人ほど、少しのきっかけで不倫に走ってしまう可能性があります。
一般的に夫婦関係が破綻していない限り、不倫がバレてしまうと家庭内が冷め切ってしまいます。
楽しい会話や笑顔にあふれていたのにひと言も口を利かなくなり、自宅に帰るのが苦痛に感じることでしょう。
お互いに疑心暗鬼になっているため、口を開くとケンカばかりになり、そこからは離婚までのカウントダウンが始まります。

■不倫がきっかけで離婚に至るケースも多い

相手の不倫が発覚し、家庭崩壊して離婚に至るケースも少なくありません。
パートナーに絶対的な信頼を寄せていてどうしても不倫が許せなかった場合、またはもともと夫婦関係が破綻していた場合などは離婚に至ることも多いようです。
これまでたまっていた相手に対する不満が爆発し、不倫されたことがきっかけで離婚を決意する人もいます。

■離婚しない夫婦とは

一緒にいることに甘えすぎてお互いに努力を怠っていた場合や、不倫されてパートナーの大切さに気付いた場合などは、そうとも限りません。
また、パートナーに愛情はなくとも、相手に対する執着心や不倫されて離婚されることが許せないといった自分自身のプライドから離婚を許さない人もいるようです。

■不倫問題は一人で抱え込まないこと

夫婦間が円滑であってもそうでなくとも、パートナーの不倫を冷静に受け止められる人はそうそういません。
パートナーの不倫が分かった場合、自分にとってベストな選択をできるよう第三者に相談してみるのがおすすめです。

夫婦が離婚を決意する理由

人生を共にすることを決意して結婚したものの、いつからかすれ違いが始まり離婚を考える夫婦も少なくありません。家庭によって離婚を考える理由はさまざまですが、どのようなことがきっかけで離婚を決意するのでしょうか。

■夫または妻の不倫

夫婦が離婚を決意する原因として多いのが、夫または妻の不貞行為です。
どちらかの不倫が発覚し、そこから泥沼化して離婚に至るケースも少なくありません。
ひと昔前であれば夫の不倫が黙認される風潮が強く、妻のほうが泣き寝入りしなくてはなりませんでした。
しかし、これまで我慢した妻が夫の定年後に離婚を切り出す熟年離婚も増えています。
現在では日本の離婚率が上がっていることから、相手の不倫が発覚するとすぐに離婚を決意する人が多いことが分かります。

■性格や価値観の不一致

結婚前はそれほど気にならなかった相手の癖や生活習慣も、結婚するとひとつひとつの行動が気になるようになるものです。
結婚するとお互いの生活パターンを取り入れ、そこから新たな自分たちの生活パターンを作っていかなくてはなりません。
しかし、これまで育ってきた生活環境を曲げならない人の場合、パートナーの行動に対してイライラしてしまうこともあるでしょう。
また、結婚前は良く見えた相手の性格であっても、逆に嫌いになってしまうこともあります。
たとえば細かいことを気にしない大らかな性格に思えたものが、結婚すると大雑把で気の利かない性格に思えるように、一緒に生活することで変化が現れます。

■離婚を考える前に

もちろん離婚を決意する理由は、上記だけではありません。相手からの暴力やモラハラ、経済的理由や親族との関係性などさまざまです。
いろいろな理由から離婚を決意することも多いですが、感情的に行動を起こさないことが大切です。
相手のここが許せない、ここが嫌いなどの理由から離婚を決めるよりも、冷静になって離婚後のメリットやデメリットを考え、気持ちを固めるようにしましょう。

不倫が原因で離婚する際の注意点

パートナーに不倫をされた場合、離婚を決意する人も少なくありません。しかし、不倫されたことによる怒りに任せて離婚してしまうと、後々困ってしまうことも多いので注意が必要です。

■感情的に行動しない

パートナーの不倫が発覚すると、裏切られた気持ちや怒りの気持ちが先立ち、冷静に判断することができなくなります。
パートナーを責め立てたり、誰にでも相談してしまう、すぐに別居してしまうなどの行動を起こしてしまいがちです。
不倫したことを許して、その後も一緒に生活を共にする場合は感情的になって行動しても構いませんが、もしも離婚を考えている場合は冷静に行動するようにしましょう。
離婚をするうえで自分に有利になるよう、どのように行動すべきかを考えなくてはなりません。
離婚後はこれまでより生活レベルが落ちてしまうことも多いため、しっかり養育費や慰謝料をとれるよう、感情的になってしまわないよう気を付けましょう。

■不倫の証拠集めをする

パートナーが不倫をしていたとしても、離婚をする際の条件を良くするためには不倫の証拠が必要です。
メールやLINEなどから不倫していることが分かった場合は、写真を撮っておくようにしましょう。
また、使用したクレジットカード履歴やレシートなどがあれば、それから不倫の証拠集めができる場合もあるのでチェックしましょう。
車を所有している場合はカーナビから履歴を確認し、どこに行っていたかを調べることもできます。
経済的に余裕があるのであれば、探偵に依頼することでより決定的な証拠集めができます。

■離婚後の生活を考える

現在仕事をしているのなら離婚後の生活もそれほど心配ありませんが、子どもがまだ幼く働けない場合は、今後の生活をしっかり考えなくてはなりません。
離婚するにあたり、新居の確保や新生活を始めるための生活用品など、何かと出費が増えます。
新たな住宅の家賃や引っ越し費用、仕事を見つけるまでの生活費などを算出し、パートナーと不倫相手からしっかり慰謝料をもらうようにしましょう。

東京で別れさせ屋を選ぶなら

ほとんど利用する機会のない別れさせ屋ですが、実際に利用するとしたらどんな点に注意すべきなのでしょうか。
特に東京のように業者数の多いエリアでは、悪質な業者も多いので、そういった業者に引っかからないようにしたいですよね。

■東京の別れさせ屋の料金

別れさせ屋を選ぶ場合、まず気になるのが料金ではないでしょうか。
特に東京の場合、業者数も多く、その料金もまちまちです。
安い業者もあれば、高い業者もありますし、相場も50万円から150万円と言われています。
料金は、一般に依頼料、成功報酬の二つとなるのがほとんどです。
成功報酬は大きく違いはないようですうが、依頼料は業者によって異なります。
安い業者に目が行きがちですが、実際はどうでしょうか。
調査はもちろん、しっかりと工作を行うとなると、期間も必要になりますし、それなりに人件費がかかることになります。
安いということは、どこかで手を抜いているということが考えられます。
まず、工作のプランに対して納得のできる金額であるかどうかを、しっかりと判断しましょう。

■東京の別れさせ屋には怪しい業者も

東京の場合に限らず別れさせ屋の中には、悪質な業者もあります。
そういった業者に引っかからないためには、まず、料金体系がしっかりしていることはもちろん、報告に関してしっかりしている業者かどうかを確認する必要があります。
いい加減な調査や工作では、きちんとした報告ができないはずです。
口コミを参考にするという方法もありますが、ネットの情報はどのようにでも操作できるので、100%は信用できないかもしれません。
実際に依頼時に相談するときに、相手の表情や態度で判断するのは良い方法なのかもしれません。

■別れさせ屋の多い東京では業者選びは慎重に

東京の場合、他に地域に比べて別れさせ屋も多く存在します。
その中には怪しい業者がないとは言い切れません。業者選びは慎重に行いましょう。
料金体系がしっかりしていることはもちろん、複数の業者に依頼の相談をしてみて、どういった対応をしてくれたかで判断しましょう。

別れさせ工作はどんなことをしている?

ほとんどの人は利用することのない別れさせ屋。
ターゲットの夫婦やカップルを別れさせることを主な仕事としています。
そのメインの業務として行われる別れさせ工作では、実際にどんなことをしてるのでしょう。

■別れさせ工作はハニートラップ

全てがそうというわけではありませんが、夫婦やカップルを別れさせる場合、多くの場合はハニートラップとなるようです。
ターゲットに好みのタイプの異性の工作員を近づけることで、心変わりをさせるのが基本となります。
そのためには、工作前の調査が重要で、相談時の情報をベースにさらに詳しく調査が行われます。
その情報を元に、どのように接触し、関係を構築するか、綿密にプランが立てられ、そのプランを元に工作員が別れさせ工作を行います。
調査の内容によっては、異性ではなく、同性の工作員を接触させ、友人となることで、ターゲットの心変わりを促すケースもあるようです。
ターゲットが浮気症であればハニートラップ、といったように、ケースバイケースで工作の内容も異なってきます。

■別れさせ工作は違法?

別れさせ屋の利用において気になる点と言えば、やはり、その別れさせ工作が正しいかどうかという点ではないでしょうか。
もちろん、依頼内容によっても異なりますが、業者として行っている以上、合法なものとなります。
ターゲットが既婚者で、もし、工作員が別れさせ工作の一環として、肉体関係を持ってしまえば違法行為となりますし、既婚者でなかったとしても、公序良俗に反するということで問題となるケースもあるようです。
ですが、きちんとしている業者であれば、合法な方法で工作を行い、依頼自体が疑わしい、また、問題のあるものであれば、依頼を受けることはありません。

■別れさせ工作はケースバイケース

別れさせ屋の行う別れさせ工作は、基本的にはハニートラップとなりますが、依頼内容やターゲットによって行われる工作は異なります。
また、工作員の工作後の状況によって行う工作も異なってきますので、実際にはケースバーケースでいろいろな工作が行われます。
工作例はネットで見ることもできます。自分の依頼で同じことが行われるかは分かりませんが、依頼前の参考になるのではないでしょうか。

別れさせ屋は違法?

いろいろな業者がある中で、少し変わった業者として別れさせ屋という業者がいます。
カップルや夫婦など、人間関係を破綻させることを仕事としているのですが、違法な業者なのでしょうか。

■別れさせ屋の業務内容

別れさせ屋の業務として、依頼を受けた後、まず、ターゲットの調査を行います。
調査を行うということは、尾行も行うため、探偵業としての届け出が必要になります。
もし、探偵業の届け出を行っていない業者であれば、違法な調査を行っているか、もしくは、まともに調査を行っていないということになります。
ですから、探偵業の届け出を行っていない別れさせ屋は違法な業者である可能性が高いか、もしくは、悪質な業者であることが考えられます。
探偵業者としての届け出があるため、探偵業者と混同されますが、別れさせ屋の場合、調査後の工作が主となっています。
別れさせ屋としての届け出が必要ありません。
別れさせ工作では、工作員がいろいろな工作を行いますが、その工作は合法なのでしょうか。

■別れさせ屋の工作

別れさせ屋の工作ですが、基本はハニートラップとなっており、ターゲットに異性の工作員を近づけます。
そこで時間をかけて関係を気づくわけですが、そこで肉体関係をもってしまうと、ターゲットが既婚者である場合、不貞行為として違法となってしまいます。
また、恫喝などで強制的に別れさせるような工作を行う場合、違法となってしまいます。
もちろん、多くの業者は法律の範囲内で工作を行っていますが、中にはこういった違法な工作を行う業者もあるということです。
相談時にしっかりと話を聞いてくれ、きちんとしたプラン、見積もりの提出、また、調査後の報告や工作後の報告がしっかりしている業者であれば、違法な調査や工作は行っていないと考えることができます。

■別れさせ屋はしっかりと吟味を

別れさせ屋も業者数が増えてきており、中には、違法な業者もいるようです。
ほとんどの業者は合法ですが、実際に依頼する際には、しっかりと業者を吟味する必要があります。
時間とお金を無駄にしないよう、安心できる業者かどうかを自分の目、耳でしっかりと判断しましょう。

離婚させたい相手がいるならどうすべき?

不倫になるとはいえ、人を好きになるという感情をとめることはできません。
その相手が離婚さえすれば、不倫ではなく、普通の恋愛とすることができますよね。
好きになった相手、また、不倫中の相手を離婚させることはできるのでしょうか。

■好きになった相手を離婚させたい

好きになってしまった相手が、既婚者であった、アプローチする前に知ることもあれば、実際に付き合いが始まってから知るケースもあります。
事前であれば、あきらめることもできますが、相手を離婚させたいと思うこともあります。
不倫の関係となってしまった後でも、遊びの関係でなく、本気であれば同じことが言えます。
とはいえ、離婚させるとなると、かなりの大きなきっかけが必要となり、簡単なことではありません。
不倫の関係を続け、それが発覚することで、離婚に発展し、略奪愛となることもありますが、離婚にならない場合もあるので、かなり難易度は高いということになります。
相手の離婚後にアプローチできれば一番ですが、それがなかなかできないからこそ、離婚させたいと思うのではないでしょうか。

■離婚させたいなら別れさせ屋

自分ではどうしようもない、好きになった相手の離婚ですが、第三者の手を借りるという方法もあります。
世の中にはいろいろな業者があり、人間関係を破綻させることを仕事としている別れさせ屋というものがあります。
事前にターゲットのリサーチを行い、ハニートラップ等の工作を用いて離婚させるというものです。
業務としておこなってはいますが、あくまでも自然に別れさせることを仕事としている業者です。
中には、悪質な業者や違法な行為を行う業者もあるので、業者選びは慎重に行う必要があります。
依頼料もかなり高額となりますし、100パーセント成功するわけではないので、よく考えてから利用しましょう。

■離婚させたいなら略奪愛

好きになった相手が既婚者である場合、離婚を待つのが本来ですが、なかなか難しいです。
一般的には、お互いにその気持ちがあれば、略奪愛ということになるのではないでしょうか。
どうしても離婚させたいとなると、最終手段として別れさせ屋等の業者に依頼するということになるのかもしれません。