恋愛相談を電話でするメリットとデメリット

恋愛相談をする時に、電話で相談するという人もいます。直接会って対面で相談するよりも、メリットがあるようです。ただ、電話で相談したくないという人は、逆にデメリットがあると感じているからです。恋愛相談を電話でする際のメリット、デメリットは何でしょうか。

<電話で相談するメリットは?>

電話で恋愛相談する際のメリットは、常に落ち着いた場所で話すことができるということです。

電話を掛ける時は、自宅であったり、自分の好きな場所であったり、自分自身が好きな空間でかけます。周囲の目や雰囲気を気にする必要もないですし、落ち着いた話すことができます。

レストランやカフェなどは、どうしても周囲が気になりますし、店員がオーダーを取りに来る時など話が遮られてしまう可能性もあります。

また長時間居座ることもできないので、話が盛り上がっても、時間がくればお店を変えたりしないといけません。電話での相談であれば、相手さえ許せば時間を気にする必要もないのが良い点です。

そして電話だと、何でも気兼ねなく話せるということもメリットです。性の話になると、なかなか外でするわけにはいきません。電話であれば、周りの目を気にする必要がないため、包み隠せず何でも話すことができます。

<逆にデメリットは何?>

逆にデメリットといえるのは、相手の顔が見えないことです。対面相談だと、相手の表情が見えるので、本当は何を考えているのか、その場の空気感などで相手の言いたいことを察することができます。

電話ではそれを感じることが難しいので、相談している内容に対して相手がどう思っているのか分からずに不安になることもあります。

そして、電話だと相手の都合が分からないという点もデメリットです。

長時間の話になると、相手はもしかしたらもう電話を切りたいと思っているかもしれない、相手の時間を奪っているかもしれないと申し訳ない気持ちになる人もいます。対面に比べると、電話はより相手に気を使う必要があるので、その点はデメリットといえるでしょう。

恋愛相談する時に、電話を利用する人もいると思います。それは、対面で相談するよりも相談しやすいとメリットを感じているのもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です