若い人に向けた恋愛の電話相談サービスとは

若い人に向けた恋愛の電話相談サービスがあるのをご存知でしょうか。若い人ほど恋愛に悩みがちですが、相談するとすると、同級生の友達であったり、家族の人になることが多いです。しかし、会社として電話相談を若者に対して行う理由とは何なのでしょうか。

<恋愛に消極的な若者>

近年は、若者が消極的であったり、草食系という言葉もあるように、恋愛に対して前向きではない人が大勢いらっしゃいます。とある企業が行ったアンケートでは、20代の人は恋愛に対して、面倒だと感じている人が24.5%もいました。4人に1人が恋愛を面倒くさいと思っているというのです。

この世代は、ゆとり世代と呼ぶ人もいますが、「さとり世代」とも呼ばれています。若くしてすでに何かを悟ったように、恋愛ではなく、もっと別のことを楽しんで人生を満喫しようとしているようです。

しかし、別のアンケートでは20代前半〜30代前半の人に、どんなことで悩んでいるか調査しところ、66%が恋愛のことでした。この二つの調査結果は非常に興味深いです。若者は、恋愛を面倒だと感じていながら、脳内の悩みごとは恋愛のことが占めているということです。

<恋愛に前向きになれるように>

そんなアンケートの結果を受け、若者向けの恋愛の電話相談サービスを立ち上げた企業もあります。恋愛に消極的なのは、どうしていいか分からない、傷つくのが怖い、など後ろ向きになってしまうからです。そんな若者に対して、電話で相談を受けアドバイスを送ることで、前向きな気持ちになれるようにサポートします。

若い人が恋愛をしなければ、少子化を解決することはできず、今後日本全体の人口も減り続けてしまいます。政府も国難と位置付ける少子化問題の解決のためにも、恋愛の相談を受けるサービスは必要です。

相談に乗ってくれる人も、心理学の知識があったり、恋愛経験が豊富なカウンセラーの人たちです。自分の周囲に相談できない人でも、安心して相談することができるでしょう。

若者は、恋愛を面倒だと思いながらも、少なからず恋愛に対しての悩みを抱えています。そんな若い人を恋愛面でサポートできる電話相談窓口は、これからも必要とされていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です