離婚させたい!自力はリスクがあるためプロに相談してみるのが吉

離婚させたいと不倫中に思っても、自力で行うとリスクがあります。
不倫相手が離婚をすると言い続けて、何年も経過すれば不安になるのも仕方ないですが、間違った方法だと何も得られない場合もあるのです。

■離婚させたいほどにイライラする状況とは

離婚させたいと思うときは、不倫相手がパートナーと別れる素振りを見せない態度が挙げられるでしょう。
不倫相手の夫婦関係は破綻しているのは明白なのに、離婚できない理由のひとつに、夫婦間の事情があります。
パートナーの親元から経済的な援助を受けていたり、男性の場合、婿養子に入り次期社長という立場だったりしたら簡単には別れられません。
中には離婚するつもりはないのに「離婚する」と、都合のいい不倫関係を続けようとする人もいます。
離婚をするつもりがなく、面倒になったら一方的に捨てられることもありえます。

■自力で別れさせようとしたときに起きるかもしれないトラブル

不倫相手とパートナーを別れさせたいと思い、自力で行動を起こす人もいます。
ソフトな方法は「話し合い」「気持ちを伝える」で、強硬手段なら「不倫相手のパートナーにばらす」「職場にばらす」「SNSなどに書き込む」などが挙げられるでしょう。
強硬な方法の問題点は大きなトラブルに発展しがちです。
SNSに書き込む方法だと、社会的地位を毀損したと判断され訴えられる可能性があります。
パートナーにばらす、職場にばらす方法は、不倫相手とパートナーの関係を破綻させる可能性はありますが、自分も別れられるリスクがあるのです。

■別れさせ屋に相談すると適切なアドバイスを貰える場合も

別れさせ屋は、ターゲットを別れさせるプロですので、相談するのも選択肢ひとつです。
不倫相手のパートナーにばらしても、相手にされないケースもあります。
別れさせ屋はターゲットを離婚に導くために工作を行います。
ただ、悪徳業者の場合、法律に違反する方法や、暴力沙汰に発展するケースもあるため要注意です。
信頼できる業者は、相談すればどんな方法で別れさせるのか教えてくれるし、料金も明朗なので安心できます。
本当に困ったら、相談するだけでも心がすっきりするでしょう。

■離婚させたいとき自力が無理なら、プロに相談

離婚させたいと思っても、自力で行う場合、失敗する可能性も高いです。
トラブルが大きくなり、状況次第では名誉毀損や慰謝料の問題も発生しかねません。
自力がむずかしいなら、別れさせ屋のようなプロに相談するのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です