恋愛のきっかけを電話相談でつかむポイント

相手の声や様子をダイレクトに感じられる電話は、感情の高ぶりを感じやすくもあります。
それだけに、恋愛のきっかけをつかむことも可能なのです。
電話相談を恋のきっかけにするため、そのサインも含めて説明します。

■電話するきっかけを作る

LINEやTwitterなどSNSが発達した今、改めて電話をする理由がない、という人は多くいます。
そんな中、あえて電話をするなら、理由が必要です。
最も適しているのは、「相談」でしょう。

とはいえ、相談と聞くと、「長時間拘束される」と警戒される恐れがあります。
ですから、短時間で済むことを始めに伝えておくとよいでしょう。
電話での相談でなければいけない理由も併せて説明すると、話を聞いてもらいやすくなります。

■恋愛のきっかけを作る話し方

自分が好意を持っている相手が、同じように好意を寄せてくれているとは限りません。
仮に好意を持っていてくれたとしても、電話で相談しているうちに幻滅されてしまうことも、ありえます。

「感じのよい人だな」
「やっぱり好きだな」

と好意を持ってもらえるような話し方を解説します。

・電話する時間
・ポジティブな言葉で締めくくる
・電話のあと一言メッセージを送る

電話をかける時間帯もそうですが、通話時間も重視するポイントです。
通話は、長くても1時間で納めましょう。あまり長く続くと、相手としても
「それで、何だっけ?」
と、関心が薄れてしまいます。

また、相談するわけですから、内容は必然的にマイナスの要素が多くなります。
マイナス要素の多い話が続けば、相手の心にもそれだけ負担がかかります。
相談を終えたあとは、

「聞いてくれてありがとう」
「気持ちが明るくなったよ」

など、明るい言葉を使って、感謝を伝えましょう。

そして、通話を終えたらLINEなどで

「相談に乗ってくれて助かったよ」
「今日はありがとう。また電話してもいい?」

と重ねてメッセージを送ると、なおよいでしょう。

■電話相談をきっかけに好意を伝える

電話での相談は、あくまで恋のきっかけをつかむステップと捉えましょう。通話回数を増やしても、関係を発展させられるわけでは、ないのです。
まずは
「相談に乗ってもらったお礼がしたい」
と、お茶に誘ってはいかがでしょう?
そこからデートに進展して、2人で過ごす時間を増やしていけば、自然な流れを作っていけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です